東日本大震災復興支援復興活動をおこなう現地の活動リーダーを地域ごとに震災1ヶ月後から定期的に2年間を通して取材、編集。縦型モニターに等身大で上映することで、現地の被災者たちの声を多角的に伝えるドキュメント映像を制作し、インスタレーション形式で展示。広州デザインビエンナーレに出品されたほか、ソウル、台北ほか各地で大型展示を開催しました。

dir ca ed installation : Mitsunori Sakano
production : Command N

Venue :
Chung Shan Creative Hub(Taiwan),
Gwanju design biennale(Korea),
Art Sonje Centre(Korea)
3331 Arts Chiyoda(Japan)

Leave a Reply