NEWS

映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』アフタートーク

By | 未分類 | No Comments

10/14に金沢21世紀美術館にて映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』が上映されます。2009年に同館で開催された「Olafur Eliasson Your chance encounter / オラファー・エリアソン – あなたが出会うとき」展の企画担当でもあるチーフキュレーターの黒澤浩美さんと代表 坂野充学がアフタートークで対談します。

mainresize-700x466
URL https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=104&d=1991

概要

人間の視覚に働きかける、スペクタクルでダイナミックな作品で知られるオラファー・エリアソン。金沢21世紀美術館の屋外にある恒久設置作品 《カラー・アクティビティ・ハウス》 にみられるように、人間は視覚を使って世界をどのように認識しているのかについて言及している作家です。映画「視覚と知覚」は、2008年にニューヨーク市で行ったハドソン川に巨大な滝を出現させるという大プロジェクトの製作過程や、エリアソンがスクリーン越しに観客に呼びかける視覚実験のシーンも含まれます。上映後は、ゲストに現代美術作家の坂野充学さんをお迎えして、映画の感想やご自身の映像作品についてなど、当館のチーフ・キュレーター黒澤浩美と対談を行います。

 

オラファー・エリアソン Olafur ELIASSON

1967年コペンハーゲン(デンマーク)生まれ、ベルリン (ドイツ)在住。光、水、色、鏡などを使い、人間が目に見える現象を どのように認識するかということに関心を抱き、その 認識がどのように形成されるかという過程を探求す る作品で知られている。眼前の現象がどのように作り 出されているかについては包み隠すところはなく、多くの作品は、科学的な知覚認知の仕組みを問うというよりは、純粋に見る楽しみと喜びを感じさせるもので ある。巨大なプロジェクトにも積極的に取り組み、建 築と環境との関わりについても重要な作品を残している。

ワークショップ ”地を紡ぐ” 

By | 未分類 | No Comments

9/13に奥能登国際芸術祭開催エリアの珠洲市大谷地区でワークショップ「地を継ぐ」開催してきました。今後アーカイブ映像を制作を展開します。

現在を表現する来訪者たちによる作品群と自然、未来をつくる当事者である子供たち、過去を探求する民俗学研究者の村西博二の3者と、過去・現在・未来が交錯するバスツアーとワークショップの構成です。

IMG_0184IMG_0153IMG_0220IMG_0195
IMG_0426IMG_0485image-4

ELSI “Creators Meet Scientists(CMS)” Project Vol.01

By | 未分類 | No Comments

代表の坂野充学が地球生命研究所(ELSI)研究者×クリエイターによるコラボレーションプロジェクト「ELSI “Creators Meet Scientists(CMS)” Project」に参加しています。ドキュメント映像はnativeyeが制作しています。

科学と芸術の領域横断的な試みのプロローグとなった1日の記録です。ぜひご覧ください。


企画の詳細が下記リンクに紹介されています。

http://www.elsi.jp/…/creators_meet_scientists_project_1.html
http://www.elsi.jp/ja/news/event/2017/06/creators_meet_scientists_project_1.html

鶴来現代美術祭アーカイブ展 in 名古屋

By | 未分類 | No Comments

nativeye代表がディレクション、映像制作する鶴来現代美術祭アーカイブ展が名古屋で開催中です。

MATvol6
開催日 :2017年6月10日(土)–8月5日(土)
時 間 :11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
会 場 :Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space
休館日 :日曜・月曜・祝日 料 金 無料
主 催 :港まちづくり協議会
URL :http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4086.html

FEEL KIYOMIZUDERA exhibition of photographs “INSIGHT”

By | 未分類 | No Comments

代表 坂野充学が11月16日より清水寺にて開催するアーカイヴ写真展「INSIGHT」のディレクターををつとめています。ぜひご来場ください。

http://feel.kiyomizudera.or.jp/insight/

kiyomizudera15107388_10154083405502337_4611426994932848743_n-1
清水寺では、特別な法要や行事に加え、僧侶の営みや季節の風景などの日常を写真や映像でつぶさに記録し、そこにみられる無形の文化を継承していくためのプロジェクト[FEEL KIYOMIZUDERA]に取り組んでおります。

これまでに撮影した写真や映像は、特設サイト「清水へ参る道」や、タブロイド紙「FEEL KIYOMIZUDERA」、インスタグラム等で広く発信をしておりますが、この度、膨大な中から新たに作品をより抜き、初の写真展を開催する運びとなりました。
経堂にて、以下の日時にご自由にご覧いただけます。お参りの際は写真展へもぜひお運びください。

会期:2016年11月16日(水)~12月4日(日)
時間:9:00~16:00, 18:00~21:00(20:30受付終了)
会場:境内 経堂 入場料無料

<写真展に寄せて>
清水寺が音羽山に開創して約1200年。一見なにも変わらないようで、堂塔伽藍は呼吸し、変化を続けています。朝な夕なに表情を変える山々や、観音菩薩への思いを抱き過ごす僧侶たちの日常にひとつとして同じ景色はありません。刻一刻と移り変わる情景をおさめた写真記録は、清水寺の現在を描き出し、未来のあり方を考えるうえでの示唆にとんでいます。
「一瞬を大切に、今を生きる。」
清水寺が本尊とする観音菩薩の教えには、いつの時代も変わらない人間の生き方が語られています。感謝や願いを胸に手を合わせる静かな時間が、皆様の心を清らかにします。そして、それは清水寺で日々を過ごす僧侶も同様です。 本展で、寺院の側から見た祈りの光景を記録した写真の数々から、観音菩薩の御心を感じて頂けましたら幸いです。

FEEL KIYOMIZUDERA  exhibition of photographs “INSIGHT”

Seize the moment, and treasure each moment.

We at Kiyomizu-dera Temple have been working on a project called “FEEL KIYOMIZUDERA,” to record the day-to-day lives of the monks and the seasonal landscapes, as well as the special Buddhist services, rituals, and events. The aim of the project is to hand down all the intangible spirits of the cultural property that appear on photos and videos to the next generation.

The temple has stood here on Mt. Otowa for a span of over 1,200 years. Nothing has seemingly changed, but in fact, all the temple buildings are breathing and continuously changing. Every morning and evening the mountains show their different appearances and the monks are entirely devoted to their faith in Kannon (a Buddhist deity and the principal deity of Kiyomizu). All that breathe in this holy place are transforming moment by moment.

This series of documentary photos captures a variety of beautiful temple moments that depict the present Kiyomizu. It is also thought-provoking enough to encourage thinking about the future of the temple.

Seize the moment, and treasure each moment.

The Kannon always enlightens us on the universal truths, especially how we humans should lead our lives. As the monks always do, simply offer prayer with gratitude and aspiration in mind. This will bring peace of mind to you as well.

We are delighted if you feel the compassion of Kannon from this diverse selection of the “scenes of prayers” in this exhibition.

dates : Nov 16 (Wed) ‒ Dec 4 (Sun), 2016

venue : Kyodo Hall, Otowa-san Kiyomizu-dera Temple

294 Kiyomizu 1-chome, Higashiyama Ward, Kyoto, Kyoto Prefecture 605-0862, Japan

hours : 9:00am – 4:00pm , 6:00pm – 9:00pm (last entry 8:30pm)

金沢スタジオ開設のお知らせ

By | 未分類 | No Comments

IMG_0599
6月1日より、新たに金沢にスタジオ兼事務所を開設しました。
金沢らしい町家がならぶ小道の先にある築100年の町家を改修したスペースです。
ひがし茶屋街から歩いてすぐの立地。

いつかは金沢に拠点をと思い10年。思い切ってようやくです。
駐車場も完備していますので、遠方からの方も歓迎です。

今後は今まで通り東京での活動とあわせて、少しずつですが新しいご縁を大事に金沢でも、
これまで以上にクリエイティブ全般の業務に取り組んで参ります。

相談、要望ありましたら、お気軽にお声かけください。

引き続きご愛顧を賜りますようお願いします。

代表 坂野充学

We open our new studio/office in Kanazawa!
It is 100 years old traditional house located across street on the footpath
We look forward to work on wide range of creative projects in Kanazawa.

〒920-0843
Moriyama 1 chome-12-5 Kanazawa, Ishikawa

SONY lifespace UX LIFE STORY展 映像配信中

By | 未分類 | No Comments

NATIVEYEがディレクションしたSONY lifespace UX LIFE STORY展の映像が配信スタートしました。
空間から体験を作りだす、新たなる挑戦に試みるソニーの新プロジェクトにて映像ディレクション及び撮影、制作させていただきました。

Client: SONY
Agency: Volocitee inc.
Video production: NATIVEYE

Casa Brutus 記事 http://casabrutus.com/design/14742