金沢市・森山にてnativeyeよる企画・開発。昔ながらの古民家が並ぶ路地裏で静寂な夜を楽しめる小さな古民家で、「微かな時間の経過を楽しむ」をテーマに、現代アーティストによるコミッションワークを設置。2021年秋にオープンしました。
此処でしか体験できないアート作品を1〜3名で贅沢に貸し切りで宿泊鑑賞できるというコンセプト。アーティストの坂野充学による空間デザインは天然木を使用しつつ、古民家を和風ではなく、無国籍な雰囲気に仕上げました。ファサードデザインに採用されたオリジナル格子はカーペンターの山中レオ、施設内でのインスタレーション作品にはアーティストのさわひらきが担当。アート作品のプランに合わせて、1階の天井を吹き抜けにするなど、住空間とアート作品が共存できるよう工夫されています。